スポーツドクターとは

スポーツドクターの実態

スポーツをする人の健康を管理する。それがスポーツドクターと呼ばれる医師ですが、実際にはどんなことをするか知っていますか?スポーツドクターは日本体育協会と連携していて、全国に存在するスポーツドクターをWEBサイトから検索することができるようになっています。医師によって対応できる競技に違いがあり、勤務医や開業医に関係なく存在していますが、一般的な情報誌や看板には掲載されていないので、スポーツをしない人には認知されていないかもしれません。

スポーツドクターを探すには、日本体育協会のサイト以外に民間のスポーツドクター紹介サイトがあります。スポーツドクターの役割は、スポーツをする人の健康管理がメインですが、他にも予防やリハビリ・チームドクターとして指導・スポーツ医学の研究などさまざまな活動を行います。例えばプロレスのリングドクターは、スポーツドクターの部類に入ります。自分の付いている選手の試合があるときは、同じように日程を調整して、選手のスケジュールに合わせて仕事を行います。ただ、試合は毎日あるわけではないので、それ以外の日は通常の勤務になるわけです。

プロ野球チームやプロサッカーチームの本拠地がある地域では、多くのスポーツドクターが開業しています。本拠地がない場所でも、野球やサッカーのキャンプ地・スポーツ大会の開催地に選ばれる地域では、スポーツドクターと一般診療を兼務している医師が存在しています。スポーツドクターのみで独立することもできないわけではありませんが、需要と供給のバランスから、ほとんどの医師は一般診療の合間でアルバイトとして仕事をする人が多いと言われています。スポーツドクターでなければ、スポーツが原因の怪我を治療できないということではありませんが、スポーツと医療をつなぐのは、スポーツドクターに他なりません。

幼稚園や小学校など、教育機関で行われる体育や部活レベルのスポーツでは、スポーツドクターが依頼されることはほとんどありません。学校で実施されるスポーツは、学習プログラムの一環なので、怪我をした場合でも近所の医療機関で対応することになります。私立の学校の場合は、部活動でスポーツドクターに診察を依頼することもありますが、ほとんどの場合は学校外のスポーツクラブで診察の需要が高い傾向にあります。最近ではスポーツ教室やセミナーなども開催していて、治療以外にも多くの活動が注目されています。

スポーツドクター関連のコンテンツ

※スポーツドクターになるには
※スポーツドクターの年収
※スポーツ医療について
※スポーツドクターの求人を探す
※スポーツドクターの募集を探す
※スポーツドクターの研修・講習について
※女性スポーツドクターについて

※2017年最新の医師募集サイト人気ランキング

ランキング 1位
サービス名 リクルートドクターズキャリア
会社名 株式会社リクルートドクターズキャリア
エリア 全国
リクルートドクターズキャリア
ランキング 2位
サービス名 エムスリーキャリアエージェント
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エリア 全国
エムスリーキャリアエージェント
ランキング 3位
サービス名 医師転職ドットコム
会社名 株式会社メディウェル
エリア 全国
医師転職ドットコム

▲ページの上へ
© 2014-2017 医師募集サイトランキング